読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

真夜中

ファーストキスは17歳。

2月 ③ うそじゃないよ

私のすきな先生は、学科の大体の人に嫌われている、というか面倒くさがられている。4月から先生の研究室に入れてもらえることになって、面談で先生と沢山お話が出来て、私はとても嬉しかった。だから、先生のとこ入って大丈夫なの?という友人からの質問には曖昧に笑ってやり過ごしている。先生は自信家で、でも繊細で、たしかに面倒くさいけれど、いつも自分に自信が持てない私にとっては、憧れの人。

この間、前の恋人に会ったとき、私が着ていたコートを見て彼は、それおれがあげたやつって言った。でもね、本当は金欠で困っているあなたから3000円で私が買ったんだよ。言いたくても言えなかった。こうやって人は色々なことを忘れたり、都合良く解釈してゆくのだろう、と思った。

普段は抑圧して生きているから、ほんとうのことを言うのに快感を覚えてしまう。他の人より性欲が強いのもそのせいだと思う。裸になると隠しごとができないような気がするんだ。だから、明日の朝ごはんのこととかを考えながら気持ちがいいふりをしているとき、とてもかなしい。